完全無料!全国対応!防犯カメラドローン空撮を最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

誘拐が減らない!【アニメやアイドルの影響?】

監視防犯カメラログの堀田です。
今回は誘拐の記事です。

 
 
 

①誘拐の件数
②これから市町村が行うだろう防犯カメラシステム

 
 
 

①誘拐の件数

fggdfsfd
上の図をまず見て頂くと、10年単位では確実に誘拐の件数は減っています
 
この時期から急激に誘拐事件が減っている理由としては、
テレビにも度々出演していた有名な美容クリニックの院長の娘が誘拐され、
高額納税者番付が廃止になったり、積極的に誘拐事件が起きないような
環境作りが世間では行われていたからです。
 
しかし、直近の5年で見た時、若干ではありますが増加しているのが分かります。
 
以前全体的な犯罪は毎年減少を続けていると書きましたが、
誘拐等の社会的弱者を標的にした犯罪はむしろ増えているが現状です。
 
この5年という時期は、アイドルやアニメの活発化が進んだ時期であり、
未成年の過激な映像が多く見受けられる様になった時期でもあります。
 
未成年が多く所属しているAKB48という有名なアイドルグループでも
水着での撮影やポールダンスの様な踊りをしているという報告もあります。
 
「萌え」は身近に浸透しており、未成年の性は莫大な利益を生み出しています。
さらに問題なのは「クールジャパン」という日本のアピール戦略で、
そのアイドルやアニメを世界に広める運動を政府が容認しており、
なくす事はもはや不可能となってしまった利権です。
 
その結果、未成年を狙った犯罪が多くなり、世間で誘拐事件をなくそう
という試みをしても、減少させる事は難しくなってしまったと私は考えます。

 
 
 

②これから市町村が行うだろう防犯カメラシステム

hfdhdfhfh
 
上記の様に今のままでは誘拐事件の減少が難しくなっているので、
改善する為には、大々的な防犯システムを国や県、市町村
で導入される事を国民は期待しています。
 
そして、その試みを実施しようとしている市があります。
それが兵庫県伊丹市です。
 
阪急阪神ホールディングスと手を組み、共同で行う事業で予算にして
6000万円、約1000基の防犯カメラにビーコンを付け、
子供やお年寄りに発信機を持ってもらう事で、親御さん達は
アプリケーションで位置情報を把握できるシステムです。
また、捜索等の要請の都度、ボランティア団体との協力も行われる予定です。
 
防犯カメラを活用しての防犯対策や操作は当たり前の行われてきましたが、
「この規模での試み+情報を市民に提供」というのは前例がなく、
日本のこれからの防犯カメラの可能性を決定づける物となるのか
そうでないのかの分岐点となるでしょう。
 
元々阪急阪神ホールディングス(阪神電気鉄道)は
『登下校 ミマモルメ』というサービスを展開しておりました。
 
このサービスは学校の校門にセンサーを取り付け、ICタグを持った生徒が
登校・下校すると、契約した親御さんにその情報を知らせる
というサービスで年間6000円程の費用が発生します。
 
今回は市が予算を組んで行う物なので、無料で利用できる可能性も高く、
市民への負担はないと思います。

 
 



 

一括見積もりスタート