完全無料!全国対応!防犯カメラドローン空撮を最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

幼稚園や学校塾の防犯カメラをリース販売|5社から一括見積

お問い合わせの流れ

fgdgd

監視防犯カメラ一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 
 
 
監視防犯カメラログの堀田です。
今回は学習施設の防犯カメラについて書いていきます。
 
 
 
①幼稚園・学校・塾の防犯カメラの必要性
②必要な防犯カメラの種類

 
 
 

①幼稚園・学校・塾の防犯カメラの必要性

近年で見ると全体的な犯罪件数は減ってきておりますが、
児童が巻き込まれる犯罪に関しては増えているのが現状です。
 
教育施設でも単純な侵入だけの犯罪は減っておりますが、
暴行や傷害は増えておりますので、
防犯カメラは警備上必須のツールとなってきています。
 
その為、最近では教育施設に防犯カメラを設置するとこは増えています。
監視防犯カメラログでは、
販売~設置やアフターフォローまで行ってくれる業者から
最大5社まで一括見積もりが取れます。

 
 

学校・塾の場合

最近の私立学校や学習塾は時代の流れもあり、
色々充実した美品や設備が備えられている事も珍しくありません。
 
業務用のエアコン・空気清浄機・ウォーターサーバー、
それに生徒一人一人に個別のタブレットPCを用意しているとこもあり、
一度窃盗や破壊の被害に会うと高額な出費を余儀なくされます
 
単純に不良生徒が窓ガラスを割ったり、
スプレーで落書きされてもそれなり被害額になります。
教員が使用するPCには、生徒の個人情報が詰まっており、
それをピンポイントで狙う窃盗犯も出てきています。
 
上記の様な理由から
防犯カメラの導入をする施設は年々増えてっています
 
また、学校や塾が防犯カメラを教室内に設置する事によって、
単純な防犯対策だけはない副効果が期待出来ます。
それは【いじめ対策】が出来るという点です。
 
近年では殺人事件と同等の報道時間が取られており、
ネットでも長期に渡り話題になっております。
 
実際問題いじめはかなりデリケートな問題であるので、
思春期の子供はいじめにあっていても否定します。
そうなると教員もうかつに飛び込んで行けなくなります。
それどころか完全に無視する教員も出てくるでしょう。
 
そもそもいじめがあると報告すると、
問題のある教師として烙印を押される
という学校もあると聞いているので相当闇の深い問題です。
 
いじめ初期段階であればまともに対応する学校も、
自殺者が出てしまう様な末期になると
いじめを全面否定せざるを得ない状況になるので、
何としてもいじめは大事になる前に解消する必要があります
 
教室に防犯カメラが設置してあれば、
教師がいないところでも証拠がつかめやすいどころか、
保護者にもアピールポイントとして提示出来ます。
 
未成年関係の犯罪が多い時代の背景で、
過保護にしなければいけない親も多くなりましたからね。
 
経営側としても、教員の行動を把握出来るので、
問題のある教師への対応もいち早く改善出来ます。
 
モンスターペアレンツへの対応も証拠映像があれば
理解してもらいやすい
ので、気苦労も減ります。
教師同士でフィードバックして問題解決も可能です。
 
教室に防犯カメラを設置する事に賛成は6割ぐらいですが、
今後増えていくでしょう。

 
 

幼稚園・保育園・託児所の場合

幼稚園・保育園は5才以下児童が集まる場ですので、
「赤の他人が親御さんの親戚と偽って連れ去る事案」
「保育士の虐待」
等が問題となっており防犯対策が必須となる場所です。
 
牛久市では全ての公立保育園に防犯カメラを設置したりと、
全国的にもこの流れは広がっていくでしょう。
 
特に児童施設の防犯カメラの設置はメリットしかありません。
親にとって幼児期は
「一番可愛い時期 且つ 理性的な行動しない時期」
なので不安が多いでしょう。
 
ちゃんと他の子達と仲良く出来ているだろうか?
危険な行動はしてないだろうか?
保育士は真面目に働いているだろうか?
等々、考えたらキリがありません。
特に男の保育士がいる幼稚園の場合、
親御さんは過剰に心配するケースが増えています

 
そこでユーザー名とパスワードが分かれば、
各々の端末から現在の映像が見れるネットワークカメラを設置し、
親御さんがいつでも見れる状態にするシステムも広まっています。
 
これのシステムの非常に便利なところは、
公開する時間を園側で決める事が出来るので、
保育士のストレスが過剰に貯まる事を回避してくれます。
 
約80%の親御さんがこのシステムを使いたいという統計もあり、
入園率アップの要因
となっています。
中には防犯カメラの台数の多さをアピールポイントとして
全面に出しているとこもありますね。

 



 
 
 
 

②必要な防犯カメラの種類

防犯目的で学校の周りに防犯カメラを設置する場合は
「ボックス型の赤外線機能のある防犯カメラ」
教室内に監視目的で設置する防犯カメラは
「ドーム型のネットワークカメラ(IPカメラ)」
が必要になります。
 
「ボックス型の赤外線機能のある防犯カメラ」を選ぶ理由は、
夜に侵入されやすいので赤外線機能が必要という事と、
学校の様な広い敷地でも比較的長距離の撮影が可能で、
一番ポピュラーな防犯カメラだからです。
 
「ドーム型のネットワークカメラ(IPカメラ)」を選ぶ理由は、
ボックス型だと見られている感が出すぎてしまい、
被写体にストレスを与えてしまうのでドームカメラが最適です。
 
このドームカメラでもレンズがうっすら見えてしまう製品も多いので、
近くで見てもレンズの位置が分からい物を選ぶとよいでしょう。
 
遠隔操作出来る防犯カメラも多数販売されていますが、
そうでない物もありますので気をつけましょう。
 
また、学校の様な多数の場所で防犯カメラを設置する場合に
一番気を付けなければいけないのが「レコーダー」選びです。
 
カメラを4台以下しか設置しないという教育施設は希で、
5台~10台ぐらいが多いです。
 
レコーダーのチャンネル(カメラ接続数)は
「4ch」「8ch」「16ch」「32ch」と分かれており、
4chのレコーダーでは4台までしか防犯カメラを設置出来ません
 
基本的に容量の事を考えるとカメラ設置数よりも
もう一つ上のランクch対応の製品を選びましょう。
 
しかし、このレコーダーは皆さんが思っている以上に高いので、
プロでないとなかなか費用対効果が良い物は見つけられないでしょう。




 
 
 
 

関連記事

・防犯カメラのリースレンタル購入【設置費用まで一括見積】
防犯カメラの設置費用を一括5社見積|監視防犯カメラログ
家庭の防犯カメラを格安レンタル販売|一括5社見積もり
マンション防犯カメラをリース販売|最大5社から一括見積
駐車場の防犯カメラをリース販売|最大5社から一括見積
店舗や飲食店の防犯カメラをリース販売|5社から一括見積
幼稚園や学校塾の防犯カメラをリース販売|5社から一括見積
介護・病院の防犯カメラをリース販売|5社から一括見積
オフィス事務所の防犯カメラをリース販売|5社から一括見積
資材置き場や建設現場の防犯カメラ|最大5社から一括見積
工場倉庫の防犯カメラをリース販売|5社から一括見積もり
農家や果樹園の防犯カメラをリース販売|5社から一括見積
商店街や自治体の防犯カメラをリース販売|5社から一括見積
 

 

一括見積もりスタート