完全無料!全国対応!防犯カメラドローン空撮を最大10社から一括見積。一括見積もりスタート

空家が多い地域は犯罪が多い?【防犯対策は必須】

監視防犯カメラ一括見積もり 最新のお問い合わせ状況一覧


 
 
 
監視防犯カメラログの堀田です。
 
今回は空家ついての記事です。
将来空家が増えていく事はほぼ確定事項で対策の必要があります。

 
 
 

①空家が多い地域は犯罪が多い
②空家はどうして増える?

 
 
 

①空家が多い地域は犯罪が多い

oihoih
以前にもワンポイントコラムでチラッと書いた覚えがありますが、
空家の多い地域は「割れ窓理論」と言って犯罪の温床になる可能性が高い
と言われています。
 
内容は割れた窓を放置していると、
【ゴミの不法投棄が増える】→【犯罪者のたまり場になる】→【治安の悪化】
という悪循環になるからです。
 
実際、上のアイキャッチ画像を見ると、
空家率の高い地域に比例して犯罪率も増えているのです。
 
特に困るのが周りの住民への迷惑です。近所の空家問題を解決しないと、
自宅の周りまで不法投棄が出てくる可能性もありますし、
空き巣や強盗の目に止まる確率も上がります。
そうなると防犯カメラ等によるセキュリティ強化を行う必要が出て来ます
 
2015年5月に「空き家対策特別措置法」という、
空家を行政が持ち主の許可なく取り壊せる法律も出来ましたが、
一部危険が大きい建物のみで、「都心部の建物はあまり関与がないのでは?」
と思ってしまいます。

 
 
 

②空家はどうして増える?

dfsffa
 
空家が出来る原因としては主に
老人が増え所有者が特定出来ない
固定資産税が増えるから
スクラップアンドビルドが難しい
撤去費用が出せない
という4つ理由があります。
 

「老人が増え所有者が特定出来ない」

もっとも大きい理由がこちらです。
土地の所有者は色々な要因で持ち主が変わって行きますが、
相続時に名義変更をしていない事やそもそも身寄りのない老人の死去が増え、
正式な持ち主が分からないというケースです。
また、共同名義人が多いと全員の許可が必要な為難しいです。
私も大須商店街の土地も持っておりますが、そこは20人ぐらいの共同名義の土地で、
全員に連絡をとることもままならず「修繕工事も出来ない・売るに売れない」
といった状態に物件があります。
 

「固定資産税が増えるから」

例えば、更地の土地の「固定資産税」と「都市計画税」が100万円ぐらいとすると、
住宅用の建物を立てれば大体20万円ぐらいの税金になります。
その為、誰も住んでいなくても年間5、6倍の節税になるので放置するのです。
余程条件の良くない土地以外は流動的に手放す方は少数です。
 

「スクラップアンドビルドが難しい」

昔は違法建築の物件もゆるい時代が有りましたが、現在は相当に厳しい基準がある為、
仮に新しい建物を立てても基準に違反している可能があるので、現状維持にするのです。
 

「撤去費用が出せない」

そもそも解体工事はどんなに簡単な作業でも数十万円ぐらいの費用がかかる為、
捻出出来ない家庭もあります。さらに先程も書いた通り、
更地にしてしまうと税制上デメリットしかないので不用意な解体はしないでしょう。

 
 
 
 

一括見積もりスタート