メイン

中学生を2年監禁した犯人の親が防犯ショップを運営!

防犯カメラの一括見積もりスタート

最新のお問い合わせ状況


 

 

 

監視防犯カメラログの堀田です。

最近お茶の間を賑わせている事件がありますね。
そう平成26年3月に行方不明になった埼玉県朝霞市の中学3年の女子生徒(15)が監禁された事件です。

 

 

 

①犯人の親が防犯グッズのネットショップを運営していた
②援護出来る事もある

 

 

 

①犯人の親が防犯グッズのネットショップを運営していた

d8a55a5fd8be29fe489bb0bcc169f8a3_s

 

実は犯人の寺内樺風(かぶ)容疑者(23)の父親がセキュリティショップの社長だった訳です。

WEBサイトは速攻で閉鎖されていましたが、キャッシュが残っていましたので載せます。

 

サイト名:e防犯.com
運営 : 株式会社店舗サポート 通販事業部
所在 : 大阪府池田市綾羽2-2-26
店舗責任者: 寺内 聡 (防犯設備士 第98-4619号)
Mail : toiawase02@e-bouhan.com

 

これはとんでもない話ですよ。
私も防犯カメラの見積もりサイトを運営している身としては、断じて許されない事だと思います。
しかも防犯設備士という有資格者でお気楽に運営していた訳ではなく、
ガッツリ防犯知識があった訳ですからね。

 

私も大学生の時代がありましたが、まだまだ子供です。
実際に社会に出て荒波に揉まれないと明確な責任感というのはわからないですからね。

 

 

 

②援護出来る事もある

4347e64884773991d583f00468bb21fe_s

 

ここまでむちゃくちゃに非難してますが、実はこの事件不可解な点があるのですね。

それは、監禁された少女が「ネットを見れた」「一人でスーパーに行っていた」
という証言をしている点です。

 

普通、監禁している相手にネット環境を与えようと思うでしょうか?
一人でスーパーに行かせて 尚且 犯人の元へ帰るでしょうか?

 

ストックホルムシンドロームという長い間犯人と共に過ごした為に、
恋愛感情や親近感情が芽生えて逃げ出せなくなるという事は過去にもありましたが、
この事件には殺人というような悲惨な状況はなく、
マスコミの報道の割には凶悪性があまり感じられません

 

私の一つの仮説としましては、家出少女をかくまって同棲の様な生活をしていたのではないか?
という考えもあるのです。

 

都会には神待ち少女という10代の少女が家出をし、
住むところを探す為に男性の家に上がり込むという事がかなり多いです。
私はどうもこの考えが捨てきれないのですね。

 

ただ、私の考えが合っていようが、違いっていようが
防犯グッズを悪用する様な真似は絶対に許されません。

 

セキュリティ業界は特に許可書等がなくても開業出来てしまいます。

しかし、エフセキュアの事件の様にセキュリティ会社は
他社や他人の情報を容易に抜き取る事が可能で、
政府がしっかりと許可書の発行をするべき業界だと私は考えます。

 

今回容疑者の父親が持っている「防犯設備士」は私は防犯の知識がありますよ!
という様ないわば学歴みたいな物で、あくまで見栄えだけの資格です。

 

それでもプロの証として与えられる物で言語道断ではありますが・・・

 

 



 

一括見積もりをスタートする